親愛なる敵へ

好きなもの/ひと/ことを文章で表現する

【読了】縞田理理「僕たちは同じひとつの夢を見る」

 

 同じ作者の「雨の日にはラノンが視える」で感じた、「異世界と隣り合うことのワクワク感」は健在で流石、という感じだった。

 

ただ、舞台であるつくばの描写がやたらリアルで、あの土地の胡散臭さや距離感が真に迫って、住んでいた時のことが鮮やかに思い出してしまって、読んでいて辛かった。 

障害があっても就職したいみんな〜

IBM Diversity 障がいのある社員や人々への取り組み - Japan

 

日本IBMによるAccess Blueという障害者向けのインターンシップの説明会が始まりました。募集要項をよく読んで、参加したいと思った方は是非応募してみてほしい。

 以下、去年参加した人から見たこのインターンについて書くよ!

もし参加する場合

身体障害の方はオフィスはバリアフリーが行き届いているし、情報保障も充実しているので障害上あまり困ることはないと思うのですが、精神や発達の方はこの機会を通じて自分の体調管理・コミュニケーションスキルアップを図ってほしいな、と思います。

私も参加中は「チームワーク力をつける」ことと「体調をよくする」ことをすごく考えていて、スタッフの方に相談したり、色々試行錯誤した結果は出せたように思います。

持っているといいもの(推奨)

  • 英語力
  • IT力
  • 人と一緒に何かを成し遂げたいという気持ち
  • 将来何をやりたいかという明確なビジョン

まとめ

今回記事を書こうか悩んだけど、働く機会が少しでも多くの障害者に与えられるといいな!と思って書くことにしました。

とりあえず説明会に行ってみてね!

20170113-14

このところあまり食欲がなく、食事のタイミングがずれて就寝前にご飯を食べてしまうこともあり、たまねぎと酒の力をもってしてもあまりよく眠れなくなってしまっていました。(それでも夢が鮮明すぎて寝た気がしない、ということはなくなったのですが)

 

金曜日は新しく仕事が入って、それが出身大学関連でなおかつ将来にも役に立ちそうな内容なので頑張りたいな、と。

 

仕事が終わったら『劫火の経典』単行本出版記念イベントで渋谷へ直行。伊勢ともか先生の作品は前作『懲役339年』からとても好きだったし、今回も宗教が物語の主軸になっている作品で展開がとても楽しみです。(そしてとてもロマンチック)

イベントでは関係者の方のお話がたくさん聞けて楽しかったです。

それで思ったんですけど、今更ながら自分の稼いだお金を自分のために使える自由さって本当に尊いな、と思いました。社会人になってもうしばらく経つのですが、未だに自由にすること、やりたいことをやることがよくわかりません。

 

金曜日にたくさん満員電車に乗ったので、疲れたのか今日は起きたのはもう昼でした。部屋の片付けや掃除、食料品の調達などの身の回りのことで終わってしましました。卵が残っているので、夕飯は親子丼。ご飯が切れているのを忘れていたので具のみで食べました。

今日は長めに英語の勉強をしたいですね。

それでは。

 

寝ても疲れが取れない人のためのtips

十分寝たのに、翌朝疲れてベッドから起き上がれない、そんなことはありませんか?

私はかなりそういった経験が多く、今までは症状が重くなってしまっとか、薬のせいだとかおもっていたのですが、最近実は眠りが浅く、疲れが取れていないだけなのでは?ということに思い至りました。

そこで私が心がけていることを記します。

きちんと湯船に浸かる

湯船に入るのと、シャワーで済ますのでは疲れの取れ具合が違います。

私はスマホタブレットを持ち込んで気のすむまでネサフをします。(水没に注意)

 

枕元に玉ねぎを置く

もうこれは騙されたと思って試してほしい!(笑)

半分に切った玉ねぎをタッパーに入れて、枕元に置くだけです。

(でもゴキブリは玉ねぎが好き、という話もあるので、ゴキブリの出るお部屋は注意したほうがいいかもしれない)

使った玉ねぎは料理して美味しく頂きましょう。

 

あと裏技として少しお酒を飲むというのがありますが、薬を飲んでいる方は主治医と相談してください。

母、襲来

こんにちは。五木イオです。

いよいよ年末ですね。あといくつ寝るとお正月。

 

さて、ここ数日、早めに仕事納めをした母親が自宅に来てくれていました。

最初の1日はなんとか穏便に過ごせたのですが、二日目に動きがありました。

なんと、私のお気に入りのモブサイコのマグカップを、あろうことか入れ歯の浸け置きにされてしまったのです。

 

↓被害にあった師匠

f:id:dearmyenemy:20161230150044j:plain

 

 

 

 

このときは「ちょっとやめてよ〜笑」なんて言っていたのですが、翌日帰ってくると部屋が乱雑を極めていました。。。クローゼットに入れておいた物がリビングに溢れ、見覚えのない収納家具が増え。。。

 

曰く「整理しといたよ!」だそうで。。。

思えば実家にいた時も、整理と称して自室のクローゼットを漁られたり、中途半端に物を動かしておいて、「整理しておいたからあと自分でやりなね」とか後始末を押し付けられたり。。。実家にいた時のことはまた改めて書きたいです。

 

母親を追い出した後、自分の学習能力の無さに絶望しながら後片付けをしました。

 

今年は良い主治医にであえたり、本やブログで親子関係に関することを学べたこともあり、私と両親の距離を見直せた良い年でした。

 

みなさん良いお年を!