親愛なる敵へ

好きなもの/ひと/ことを文章で表現する

夏と受験と『魔人探偵脳噛ネウロ』

お疲れ様です。

最近まで「エモい」という概念がわからなかったのですが、「蝉の鳴き声」という表現を読んで一瞬で理解できました。通勤中によく聞こえて夏を感じます。

夏といえば一般的には楽しく遊びまくるイメージのようですが、私はどちらかというと塾の冷房の効いた教室で授業を受けているイメージが強いです。朝涼しいうちから塾に行って、すっかり日が暮れて空気が冷えた時間に帰る、そんな夏の日々を何年も続けていました。そういった最近思い出すことと、学生時代在籍していた研究室から先日、指導教官の還暦祝いのお知らせが届いたことから、受験時代のことをよく考えます。

私が大学を決めたのは、行きたい研究室がその大学にあったからでした。なぜその研究がしたかったのか、はまた書くとして、その大学に行くモチベーションは、当時読んでいた漫画に支えられた部分があります。 

魔人探偵脳噛ネウロ 1 (集英社文庫-コミック版)

魔人探偵脳噛ネウロ 1 (集英社文庫-コミック版)

 

 ↑この漫画なのですが、もしかしたら『暗殺教室』の方がメジャーかもしれませんね。当時連載をリアルタイムで読んでいたのですが、丁度HAL編と言われるパートで、大学や研究所が舞台で、雰囲気や背景から、もしかしたら舞台が志望校かもしれない…と思って矢鱈ワクワクした記憶があります。

(この『ネウロ』、アニメ化もしているのですがあまり納得のいくシナリオではなく非常に残念だったのですが、このHAL編のパートはセミの鳴き声を効果的に使った演出があって、ここだけはよかったなあ、と思っているのも夏には思い返すことの一つです。)

この作品で受験が頑張れたのはもう少し理由があって、主人公の人ではない存在がパートナーの女子高生をはじめとする世界に生きる人間を通して「人間には無限の可能性がある」と確信している、という展開を読んで、何だか自分の可能性も信じられる気がしたのです。何をやっても家庭や学校で悪く言われたり笑われる私が、初めて心の底からやりたいことを見つけて、それを実現できるかもしれない、と思ったら非常に高揚しました。

それから作中に「プライドの高い大人」がたくさん出て来るのも、「傷つきやすいのにプライドが高くて面倒な子供だね」なんて言われていた私にとっては、とても救いでした。(今度きちんと言語化したいです)

ネウロをご存知の方でここまで読んでくださった方にはもうお分かりだと思いますが、HAL編の主役の春川教授には大変なインパクトを受けていて、もう最初に読んだ時の感想は覚えていないのですが、今のこの私の、「脳の病気」を持っている私からすると、刹那さんにかけたあの言葉ってものすごいんですよね。この話もまた今度)

 

また、この作品とは関係ないですが、通っていた塾の国語の講師が「大学は勉強する所じゃないぞ。『研究』しに行くんだ」と言ったのも印象に残ってます。ああ、大学に行ったら私、変われる、って思いました。

 

そういうわけで、様々な思い出がある「夏」ですが、今年も「エモさ」、感じて行きたいですね。それでは。

 

西尾維新かっつーくらい(かっこ)が多くなってしまった)

 

 

真のオタク女子の友情とは2

お疲れ様です。

社内にいると冷房で冷えて寒くて、体温調整が大変です。

さて先日、以前記事に書いたのと同じと友達に会いに行ってきました。

dearmyenemy.hatenablog.jp

スイーツを食べて、やはりオタクショップをぶらぶらしたのですがとても楽しかったです。彼女に関しては相変わらず人格が完成されているなあ、というように思います。(うまい言い方が見つかりません)女子の友人関係ってムカつきムカつかれ、許し許され、持ちつ持たれつ続くような感じだと思うのですが、中学生の時から彼女の言動を腹立たしいと思ったことはありません。むしろ私が彼女に我慢させているのではないかと、怖くなる時もあります。(かと言って彼女は嫌なことを漫然と我慢するほど自尊心が低くはないとはよく知っているのですが)

いや、よく考えると社会人になってからできた友達にはあまりイラっときたことはないですね。こういう風に、今後も周りの人間関係を大事にして生きたいですね。

 

そうそう、前回少し話した『夢小説』の件に関しては、お互いの同人活動の話の時に軽く話してみたところ、やはり無言になられたのですが「私のジャンル、推し父親が死刑になってて…」と話し始めたら大爆笑を誘えたのでよかったです。笑

 

それでは。

御剣検事の香水、あるいは統計力学の思い出

 お疲れ様です。元気ですか。最近湿気がすごいですね。気温が高くて汗が出そうな感じがするのに、うまく蒸発しないようでどうも気分が悪いです。こんな時は湯船にきちんと浸かって汗を出すようにしたいですね。今週乗り切れば金沢!

表題の件ですが、先日とうとう逆転裁判からもグッズで香水が出るとのことで、発売日の週末にいそいそと越谷レイクタウンカプコンカフェに行って来ました。

このブログはツイッターと違って、どういったスタンスの方がご覧になっているのかわからないので言いたい放題言ってしまいますが、私、御剣検事の方の香水を買ってしまったんですよね…。

ツイッターの方でなるほどくんを推しにしている友人と「えっ…香水だって…やばくない?」「おちつけ、あくまでもキャラをイメージした香水だよ!」「とは言っても沢山買って溺れたい。個数制限あるのかな?」「落ち着け!複数個買う気なの!?」みたいなやりとりをしました…。

個人的には好みや推しというかは、思い入れとか、仕事のプライドは高そうなのに何気に自己肯定感が低そうで気になるとか、そんな感じなんですけれども、まあそれはさておき、恥ずかしいオタクグッズを買ってしまったわけなんですよね。

それでまあ、家に帰って香りを嗅いでみたら、なんていうか凄いノスタルジーを感じたんですよね。この香りはなんだっけ、と記憶を辿るとあれは大学3年生の頃の、統計力学の先生がつけていた整髪料の匂いだったんですよね。

統計力学…それはもう大層難しく、とても苦い思い出のある科目なんですけれども、担当の先生には大変お世話になりました。当時私はその先生の主催するゼミに属していたのですが、ご存知の通り夏頃から体調に異変をきたしてしまって学校に行けなくなってしまったところ、ゼミに参加しないことを心配したその先生が連絡をくださって、お忙しい中面談や補講もして頂きました。別の大学で教鞭をとっておられ、そのゼミだけこちらにいらっしゃった奥様も一緒に面談してくださり、気分転換に自宅に遊びに来ないか、だとか、病気に配慮できるから研究室はうちに来ないか、だとか、いろいろ言っていただきました。

大学生活は…なんていうか、その、ここで汚い言葉を使いたくないので、なんていうかもうアレしか言えないんですけど、割と基本的にアレだったのですが、その先生のおかげでなんとか生きて不毛の地を卒業できたという感じです。

また、以前から薄々思っていたのですが、私はやはり人より嗅覚が発達してしまっているように感じます。統計力学は200人くらい収容できる授業で行われていて、私は再履修時は最後列に座っていたのですが、先生が教室に入ってくると匂いで分かりました。…いや、これも統合失調症にありがちな幻臭とやらかもしれませんが、すくなくとも、その先生の香りがするのはいやではなかったです。むしろ、(先生も気合を入れて身だしなみを整えて来ているのだなあ)などと思えて、励まされいているような感じすらしていました。

面談をして頂いた時から、お身体の具合が悪いとは伺っていて、卒業後研究室の記念式典で母校を訪れた時にはもう学校に来られていないとは聞いていましたが、去年の秋、訃報が届きました。いつか体調が回復したらご挨拶しに行きたいな、と思っていましたが、結局その機会は訪れませんでした。

書ききれていないこともありますが、先生に関してはここまでにします。

 

そんなわけで、劣等感と後悔の残る統計力学という科目ですが、先日田崎晴明先生のテキストで統計力学を勉強する会にお誘いいただきまして、何年振りかで勉強をし直しています。

 

統計力学〈1〉 (新物理学シリーズ)

統計力学〈1〉 (新物理学シリーズ)

 

 やはりテキストを読んでいると、発症当時より認知能力が向上しているのを感じます。正直自分なりの先生のご供養をしたい気持ちもありますが、今ならA+を取ってやるぜ!みたいな勢いで取り組みたいですね。

そうそう、話の冒頭に出て来た香水ですが、キャラグッズというよりかは、ここに書いたことを忘れないようにするための装置として大事にしたいです。

それに、私の御剣検事のイメージとは、ちょっと違いますしね。(←めんどくさいファン)

 

 それではおやすみなさい。

夏は金沢へ

お疲れ様です。

今日は木曜日ですね。週の後半で冷蔵庫が寂しく、夕食は社員食堂で済ませて来てしまいました。豚肉の塩炒め、野菜たっぷりでとても美味しい。

 

さて、今月ですが金沢に1泊2日旅行に行くことになりました。とても楽しみです。21世紀美術館の池田学展とおいしいコーヒーと謎解きをにしに、謎屋珈琲店に行きます。池田学は一度上野の森美術館で作品を見て、あまりの迫力に圧倒されて、もっとたくさん見たいと思っていたので、ちょっと金沢まで足を延ばすことにしました。

www.kanazawa21.jp

移動はなるべくストレスのかからない指定席、宿は最低限のビジネスホテル、帰りは気が済み次第切符を買って帰る、という私らしい旅の予定です。とても楽しみですね。職場へ何か美味しいお土産を買うのも忘れないようにしたい。

 

社会人になってもう何年も経ちますが、学生のように、何十日とあった夏休みが恋しくなることはありません。当時もどうせ臭いエアコンの下で塾の講義を受けたり、黴臭い図書館で勉強をするか、顔も知らない親戚の家の法事に連れて行かれるかだったので、特に楽しい思い出はありません。

社会人になって休みがめっきり減りましたが、こちらのほうがよっぽど自由な感じがします。自分の稼いだお金で自分の好きなことができるって、本当に素敵ですね。

 

それではあと1日頑張りましょう。

 

真のオタク女子の友情とは

こんにちは。記事を書くのは一ヶ月ぶりくらいになりますね。ちょうど前回GWに中高時代の友人と会うのにちょっと不安、みたいな記事を書いた記憶があります。

結局、半日くらいオタクショップをぶらぶらして夕食を食べて帰ったんですけど、めちゃくちゃ楽しかったです。もう10年近くのブランクもないような感じで盛り上がってすごく楽しかったです。私は彼女に対してその時まですごく申し訳ない気持ちでいっぱいだったのですが、彼女は楽しい記憶を残してくれていたようで本当に嬉しかったです。

 

ただ一点、どうしても気になるのは…ちょっと一部の同人活動に偏見があるなあ…ということを思いました。流行りのジャンルでBLで同人活動をしている彼女は夢小説を蛇蝎のごとく嫌っていて、恥ずかしいジャンルとしてそれを挙げるんですよね…まさか「私夢小説で書いてるんだよ」などとは言えず、彼女の話に「そうだね」って頷くことしかできず…やっぱりお互いの同人活動について本音を話すのがオタク界のコミュニケーションみたいになっているので、私も正直なところが言えないのはつらいな、という感じでした。

 

というか、夢小説だけがなんだか恥ずかしい創作活動、みたいな扱いになっているのって、一体どういう風潮なんでしょうかね…BLもNLも原作を好きなように解釈してキャラクターを自分の好きなようにさせているという点ではみんな同じく変態的な同人活動だと思うんですけどね…みんな自分だけはそうじゃないって思ってるんでしょうかね…よくわからないですけど、私は誰に後ろ指さされようが、やりたいことをやると決めているのでね、胸を張って楽しく書こうね、という話でした。

それでは。

 

お仕事お疲れ様でした

ついに明日から連休ですよ!お疲れ様でした。

最近疲れが溜まっているらしく、うどん一杯も食べきれないくらいで、どうにも胃腸の調子が悪いです。
こういった不調の時って、昔の嫌なことがフラッシュバックしてきてとても辛い。
今思い出していることは、家庭や今までの学校生活で受けた理不尽な仕打ちなどです。
それに比べて今の職場はとても本質的だなあと思います。
(昔理不尽に耐えてきたからこそ今本質的なことをできているのかもしれませんが)
(そしてもしかしたら今の会社でも異動したら環境が変わるかもしれないし)
(いや、でも割と今は窮屈な目に遭ってないことは記しておきたい。)

話は変わりますが、先日10年ぶりくらいに学生時代の友人から連絡をもらい、GWに会うことになりました。
学生時代はかなり家庭が荒れていて、愛着障害的な行動で迷惑をかけてしまったにもかかわらず、持ち前の賢さと優しさを持って接してくれた友人です。
…わりと思いやり溢れる友人なのですが、親しい友人にはちょっぴり毒舌になるので、当日どんなやりとりになるのか不安でもあるのですが、私が彼女に対してとても感謝していることは忘れずにいたいですね。

それでは。

新入社員が憎い

このブログに何を書いていこうかと考えた時に、「何か自分の将来に向けて今残せること」が良いのではないかと思うので、今後慎重に記事を書いていく。

 

表題の件、今非常に悩んでいることで正に「新入社員が憎い」。この一言に尽きる。

健康な心身、ちょっと過剰な自意識、安定した身分、汚れのない(であろう)経歴etc...私が欲しいもの全てをあのきらきらした若者たちが持っていることを考えると、嫉妬で目から鼻血が出そうになる。

入社式があった日は非常に荒れていて、つい会社帰りに近くのショッピングセンターで散財をしてしまったほどだった。「見せてやるよ、中堅社員の財力ってのをよ!」とか息巻いて会社用の服をしこたま買ってしまった。(多分「へっ!お前らは5月までリクスー着てろよな、私は沢山おしゃれしてやるからな」という気持ちも多少入っていたと思う)

 

でも最近思うのだけれど、割とそういう、「気に入らないことがあったら好きなものを買ったり美味しいものをたべたりすること」ってかなり普通のことなんじゃないかって。

私は今まであれもダメ、これもダメ、と色々厳しくしてしまいがちだったけれど、普通の精神を持っている人はこうやってストレス解消をしているんじゃないかと気づいて、また「普通」に近づけたな、と思うとむしろ嬉しい気持ちすらした。

 

「新入社員を見ると羨ましい(婉曲)」という話は主治医と上司の面談の時にはしていたけれど、非常に興味深いことに、二人とも全く別の時に話をしていたにもかかわらず、両者から「それを乗り越えれば五木さんは成長できるかもね」というアドバイスをもらっていた。

今のところ、新入社員への嫉妬と自分の成長が結びつかないけれど、将来のために取り敢えずここに備忘しておく。

ほどほどにストレスを解消しながら、楽しく生きていきましょうね。

それでは。